【宮崎】建物解体の費用と期間を倉庫で紹介 空き家放置は危険 不用品処分

宮崎で建物解体を検討している方の中に、費用や期間と解体するメリットが釣り合うかを調べている方はいらっしゃいませんか?建物の解体は、人口減少とともに業者への相談が増えつつあります。しかし相談者の約9割が、解体は初めてとのことなので、ノウハウを持っている人が周りにおらず、解体するメリットも広まっていません。

たしかに、宮崎での建物解体には、ある程度の時間と費用がかかるのは事実ですが、空き家や倉庫を放置するデメリットは大きなものです。そこで、不用品の処分と合わせて、建物解体にかかる期間や相場を紹介していきます。また、空き家の放置リスクについても紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

宮崎の建物解体費用や期間の相場は?倉庫を例にして紹介

荷物が沢山置かれた倉庫

宮崎で建物解体を検討しているなら、解体費用や期間などが気になっていると思います。そこで、よく解体の相談が寄せられる倉庫を例にして、解体の費用や期間の相場を紹介していきます。

倉庫の解体費用

倉庫に限らず建物解体の費用は面積に大きく左右されます。また、構造や建材によって、工法を変える必要があり、たとえば単純なプレハブのような倉庫で、24平方メートル程度ならおおよそ20万円程度で解体できます。

車庫のように重機が必要なものになってくると、たとえば45平方メートル程度のもので、30万円程度が目安です。永山建設の場合は、小規模倉庫の解体でも価格を含めてご要望を可能な限り叶えますので、ぜひご相談ください。

倉庫の解体にかかる期間

倉庫の解体方法は、一般的な解体方法とほとんど同じで、よく家庭で使われているような物置なら、即日から数日で解体可能です。

もちろん、家屋よりも大きなものでも解体可能ですが、当然家屋よりも時間がかかり、数日から数週間程度を要します。仮に家屋と同じくらいの倉庫なら、おおよそ2週間程度と考えておくといいでしょう。

宮崎で建物解体をするならお早めに!空き家を放置するデメリットを紹介

古い空き家

宮崎で建物解体を検討しているなら、できるだけ早く取りかかることをおすすめいたします。というのも、空き家になっている建物を所有していると、固定資産税がかかるのはもちろん、トラブルが発生するリスクが高いからです。

実際、築年数が経っている空き家は、こまめに手入れをしていないと劣化が激しく、災害などで倒壊するケースも多いのです。近隣に被害が出てしまうと、損害倍書のリスクがありますし、最近は空き家が増えていますから、税金を多く払わないといけないケースも多くなっているのです。

精神的にも金銭的にも、空き家はデメリットが多いので、ぜひ早めの解体を心がけてください。そして、宮崎の建物解体なら、豊富な実績からお客様の手間や費用を少なくできる永山建設へ、ぜひお任せください。

宮崎の建物解体で出る不用品の処分を解説!信頼できる業者へ依頼しよう

宮崎で家屋解体を考えているなら、不用品の処分についても悩んでいませんか?解体業者に建物解体を依頼しても、不用品の処分費用は別途かかることがあります。特に、見積もりに含まれていない物があると、追加料金が発生するおそれもありますので、事前に相談するか、自分で処分しましょう。もっとも、家電リサイクル法などで、不用品の処分は複雑になってきています。

永山建設は、最終処分焼却場を自社で持っており、不用品の処分にかかる費用を抑えることができますので、ぜひ不用品の処分も合わせてお気軽にご相談ください。

宮崎の建物解体や不用品処分は実績豊富な永山建設までご相談ください!

宮崎で建物解体をする際の費用や期間、空き家を放置するデメリット、不用品処分について解説いたしましたが、理解は深まりましたか?空き家は、ただ所有しているだけで税金がかかり、手入れが面倒くさいことも精神的な負担になり、いいことがありません。

宮崎での重機手配に慣れており、独自のネットワークもある永山建設は、費用や手間を抑えて建物解体をすることができますので、ぜひご相談ください。

宮崎で建物解体を検討中の方は永山建設へ

会社名 株式会社 永山建設
代表者 永山隆
住所 〒885-0063 宮崎県都城市梅北町1091−17
電話番号 0986-39-3771
FAX番号 0986-39-3740
メールアドレス info@kaitai-nagayama.net
URL http://www.kaitai-nagayama.net/
営業時間 9:00~17:00
定休日 日曜、祝祭日
事業内容 解体工事、土木工事、切り離し工事、建築施工、リフォーム
許可・資格
  • 宮崎県知事 許可(般-21)第 2553号
  • 産業廃棄物収集運搬業許可 04503054242号
Copyright(c) 2014 株式会社 K・T・M. All Rights Reserved.